go to MAIN  go to ABOUT TAILS  go to DOGTAILS  go to MONDY HELP  go to CONTACT US  go to LINKS

Dog Tails

10月31日はハロウィーン

アメリカでは、10月のハロウィーン、11月のサンクスギビング、12月のクリスマスと、嬉しいような、嬉しくないような1年の終わりを締めくくる3大行事の季節となりました。だんだん、クリスマス・ショッピングの話も出始める頃です。

この時期に、子供たちに「ハロウィーンには何になるの?」と聞けば、すぐに何になるか返事が返ってきます。定番の魔法使いや怖い仮装、お気に入りのアニメのキャラクターなどなど、さまざまに自分のなりたいものになってしまいます。

犬のはなしとは少し離れてしまいますが、ハロウィーンについて少し触れてみようと思います。

ハロウィーンのはじまりは?

ハロウィーンの歴史は古く、ケルト人のフェスティバル『Samhain(ソーエン)』が起源だといわれています。ケルト人は約2000年前に、現在のアイルランド、イギリス、北フランスの地域に住んでいた民族です。彼らは、10月31日に1年が終わり、11月1日から新年が始まる暦を使用していました。元旦である11月1日には、生から死への移り代わりを意味するというフェスティバルである『Samhain』で、新年を祝っていました。この日は、夏の終わりと収穫の終わりを意味し、暗く寒い冬の始まりを意味していました。

この新年のはじまりの前日である10月31日には、亡くなった人々の魂が、来年1年取り付く生身の人間を探しに戻ってくると信じられていたのです。そんな魂に宿られたくない村人たちは、家の中の火を消して、獲りつかれないように自分たちを冷たくし、好ましくないように見せかけたり、悪鬼の格好をし、近所中をパレードしたそうです。また、このセレブレーションの終わりには、これから始まる長く暗い冬から人々を保護する祈りを込めて、聖なるオークの大木で焚火をしたそうです。

年月がたち、古代ローマ人がケルト族の領土において大多数となっていきました。西暦800年ごろまでには、キリスト教がケルト族の領土に広まり、7世紀に11月1日は、カソリック教徒の聖人を讃える儀式である万聖節『All Saint’s Day』と定められました。これはのちに、『All Hallows』もしくは『All Hallowmas』と呼ばれ、その前夜にあたる『All Hallows Eve』(10月31日)が、Halloweenの名前の由来であると言われています。また9世紀のヨーロッパでは、11月2日を死者に敬意を示す、『All Souls Day』と定めました。このセレブレーションは、焚火を炊いたり、パレードをしたり、仮装をしたりと、とても『Samhain』に似たものでした。この『The Eve of All Saint’s』、 『All Saint’s 』 、『All Souls』の3日間が『Hallowmas』と呼ばれました。

アメリカにおいての“Trick-or-Treat”の習慣は、11月2日に行われていたカソリック教徒の、『All Souls Day』の習わしに起源があるのではないかと言われています。この『All Souls Day』のフェスティバル中に、貧しい市民たちは食べ物を乞いに家々を回りました。彼らは、訪れた家の亡くなった親族に祈りをささげるという約束のもとに、“Soul Cake”というスグリの実の入った四角いケーキ(パン)を乞らいました。この頃人々は祈りを唱えることで、亡くなった魂が早く天国に行くことができると信じていたからです。この習わしが、“Trick-or-Treat”の由来だと考えられています。

Jack-o-Lantern (ジャック・オー・ランタン) のはなし

Jack-o-Lanternは、ご存知のように、かぼちゃで作るランタンのことです。その習慣はアイルランド人の伝説から来ているといわれています。

大酒のみで詐欺師の悪命高いジャックという男が、サタン(悪魔)をだまして木に登らせ、そして彼は木の幹に十字架を彫り付け、サタンを木の上に封じ込めてしまいます。そして、ジャックはサタンに、これから2度と彼を悪に誘惑しないことを約束させ、木から下ろしてやるという伝説がありました。しかし、ジャックは死んだ後、彼の生前の行いの悪さから天国への入場を許されず、また地獄へも、サタンをだましたために入ることができませんでした。そのかわりにサタンは、ジャックがこれから通らなくてはならない寒くて暗い道を照らすための、ほんの少しの残り火を手渡しました。この残り火は、中身をくり貫いたかぶの中に、火が消えることのないように置かれていました。

このような伝説から、アイルランド人はランタンにかぶを使用していましたが、アメリカに移住後、オレンジ色のかぼちゃが豊富にあることに気づき、かぼちゃをくり抜いてランタンをつくるようになりました。

10月に入ると、どこのスーパーでも、いろいろな大きさのかぼちゃが、大きなダンボールの中に山ずみにされ売られ始めます。各地の農場でもパンプキン狩りをさせてくれたり、各所ではパンプキン・カービングのコンテストなども催されます。

日本では、真夏に恒例の肝だめしですが、アメリカでは、この時期に各所で、ホーンテッド・ハウス(お化け屋敷)が特設されます。また恐怖映画も多く公開されますね。

アメリカではハロウィンですが、メキシコではこの時期に『El dia de los Muertos』という『死者の日』があります。これは、11月2日に行われるフェスタで、日本のお盆と少しに似たものです。毎年この日は、死者が地上に戻る日です。メキシコの街角で、カラベラス(骸骨)のお人形やろうそくが売られているのをご存知の方もいらっしゃると思います。昔、メキシコ人にとっては死は悲しみではありませんでした。戦士や、出産で亡くなった母親は、「栄光の死」とたたえられました。死によって全てが終わってしまうのでわなく、死後の世界で旅を続けながらまた生きていくと考えられていたそうです。

『El dia de los Muertos』には、ガイコツの仮装で踊り、ガイコツのろうそくをともし、人形を作り、死者のパンを食べて、お墓まいりに行くそうです。これもある部分では、『Samhain』と似ているところがありますね。

自作のランタン・コンテストもたくさん行なわれますが、仮装パーティやコンテストもいたるところで行なわれます。毎週土曜日に行なわれている近所のファーマーズ・マーケットでも、毎年犬のため(飼い主かな?)仮装コンテストが行なわれます。さまざまに仮装させられた犬たちが、マーケットの中を歩いてとても楽しい光景です。

October 2004

Dog Tailsの目次へ

ページトップ

Copyrights2004-2006 2dogtails.com, All rights reserved.